函館ハリストス正教会

2014年「市民クリスマス」に来堂者100名

12月24日(水)午後6時より、毎年恒例の「市民クリスマス」が管轄司祭ニコライ・ドミートリエフ神父の司祷のもと、函館ハリストス正教会復活聖堂において行われました。正教会では降誕祭と呼ばれる主ハリストスのご降誕を祝う祭日ですが、「市民クリスマス」は、その前夜の祈祷を広く市民の皆さんにも来堂して頂き、共に祈ることを目的としているものです。今年は、穏やかな天候にも恵まれ、約100名の来堂者がありました。

日本語と教会スラブ語による正教会降誕祭聖歌は、函館ハリストス正教会聖歌隊の他、MB混声合唱団など市民の有志の方々も友情出演して下さり、力強く奥深いハーモニーが聖堂に響きました。

【2014年市民クリスマス聖歌隊メンバー】

(ソプラノ)マルファ佐藤直美、ナデジダ高島昭子、アナスタシヤ村岸いづみ、アンナ山崎比奈子、中村紀子、佐藤かつみ

(アルト)マリヤ大谷孝子、エリザヴェタ加藤キクエ、リュボフ下田節子、ユリヤ西村百合子

(テノール)アキラ大村義美、伊藤喜久雄

(バス)フォティ田村啓明、石崎福邦

(聖歌指導)スヴェトラーナ山崎ひとみ

ご祈祷終了後には、ニコライ神父より参祷者一人ひとりに山下りんのイコン「降誕祭」(函館ハリストス正教会所蔵)の絵葉書が手渡されました。

「市民クリスマス」の様子は、翌12月26日(木)の函館新聞、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞の各紙上(いづれも朝刊)に美しい写真と共に記事が掲載されました。

 

花々で飾られた聖堂

花々で飾られた聖堂

 

ニコライ神父司祷による祈祷

ニコライ神父司祷による祈祷

 

ご祈祷後の十字架接吻

ご祈祷後の十字架接吻

 

▲ このページの先頭へ