函館ハリストス正教会

伝教者イシドル中居眞行兄ご永眠

4月3日(金)、イシドル中居眞行伝教者が永眠した(享年89歳)。函館正教会において5日(日)通夜、6日(月)埋葬式が行われた。中居伝教者は、大正14年5月27日函館市生まれ。昭和29年函館市役所奉職。昭和30年リディヤ関本寿子姉と結婚。三人の子供に恵まれた。

 昭和24年ベニヤミン主教より伝教者の祝福を受け、以来誦経、聖歌、聖堂拝観案内、鐘打、教会役員など長年に渡り教会奉仕に尽力した。平成21年には伝教職60年の功労に対し、東日本主教々区会議(仙台)においてセラフィム大主教座下より感謝状と記念品が贈られた。今年1月の教会新年会には元気な姿を見せていた。

 中居伝教者が鐘打する姿は、函館市のプロモーションビデオを始め多くのメディアで見ることができる。

 永遠の記憶。

鐘打する中居伝教者

鐘打する中居伝教者

通夜

通夜

 

▲ このページの先頭へ