函館ハリストス正教会

ロシア太平洋艦隊「ヴァリャーク」号一行来堂

ロシア太平洋艦隊所属の海軍艦艇3隻が4日、函館港に入港し、このうちミサイル巡洋艦「ヴァリャーグ」(9360トン)が港町埠頭(ふとう)に接岸した。ロシア軍艦の函館寄港は8年ぶりで、戦後2回目。岸壁では函館日ロ親善協会(小柏哲史会長)による歓迎セレモニーが開かれた。

 ロシア領事館の函館開設160周年を記念した親善と補給が目的。同艦は午前8時45分ごろ、海上自衛隊の護衛艦「はまぎり」を従えて接岸。大型対潜艦「アドミラル・パンテレーエフ」(6955トン)と大型海洋タンカー「ボリス・ブトマ」(7150トン)は港内でいかりを下ろして停泊した。乗組員は3隻で約990人。

 歓迎セレモニーには海上自衛隊など関係者約100人が出席。小柏会長は「日ロ友好の歩みとして記念すべき日となった。親善訪問で互いの理解が一層深まる」と歓迎。ロシア海軍航海団のミハイロフ・エドゥアルド・エヴゲニエヴィッチ団長は「今回の訪問が、日ロ交流の改善に大きく貢献する」とあいさつした。

 ヴァリャーグとはまぎりは、6日午前9時から午後2時まで一般公開する。

 台風25号の接近に伴い、7日離岸予定を繰り上げ、6日午後4時函館港を後にした。

 (参考:「北海道ニュースリンク」)

20181004「ヴァリャーク」号来航 港町埠頭

20181005「ヴァリャーク」号一行来堂

20181005「ヴァリャーク」号一行ロシア人墓地訪問

201810105「ヴァリャーク」号 艦内教会

 

 

▲ このページの先頭へ