函館ハリストス正教会

「2018年函館ハリストス正教会バザー」行なわれる

2018年10月8日(月・祝)、「2018年函館ハリストス正教会バザー」が行なわれた。

台風一過の青空の下、大勢の来堂者があった。

朝10時のオープニングには、開会の祈祷の後、恒例の西高吹奏楽部による演奏があった。斎藤先生率いる20名の一年生部員が、「コーリ・スラーヴェン」を始めとする三曲を見事に演奏。

境内地では、ピロシキ(函館正教会特製)、ボルシチ(函館正教会特製)、焼きそば、焼き鳥、うどん、おしるこなどの食品コーナーや雑貨、工芸品(キリル陶房)などが頒布された。聖堂では、午前11時と午後1時の2回、管轄司祭ニコライ神父による聖堂拝観が行なわれた。

今年は、子供たちのために無料でわたあめが振る舞われた。

上磯の野菜は、かぼちゃ、トマト、冬瓜など新鮮で美味しい野菜が安く買えるととあって、毎年人気。

また、もぎたてのトウモロコシを上磯から軽トラ一杯に積んできたものを、境内で茹でながら振る舞った。

午後2時までの予定であったが、午後1時頃には、ほぼ完売したため、早めに店仕舞いとなった。

益金は、函館ハリストス正教会復活聖堂の耐震補強工事費に当てられる。

20181008バザー・オープニング

20181008道立西高等学校吹奏楽部による演奏

20191008雑貨コーナーの賑わい

20181008野菜コーナー

20181008上磯のトウモロコシ

 

 

 

 

▲ このページの先頭へ